腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会
TEL: 06-6379-3328

過敏性腸症候群(下痢型)40代男性-腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 40代男性 過敏性腸症候群(下痢型)

要約

10代から脂肪肝を指摘され、20代の頃より慢性下痢と腸内にガスが溜まるような症状が続く。30代で大腸内視鏡検査で大腸ポリープが見つかり切除。
2018年4月、かわい内科クリニックにて大腸内視鏡検査受け、回腸末端部に炎症所見あり。5月、胃内視鏡検査にて萎縮性胃炎、ピロリ菌陽性の結果となったため除菌治療を施行。その後糞便移植を開始、移植終了後下痢や腸内にガスが溜まるような症状は改善されている。

基本情報

患者様: 40代 男性
主治医: かわい内科クリニック
移植担当医療機関: かわい内科クリニック

初診時情報

病名: 過敏性腸症候群(下痢型)
発症時: 20歳代半ば
移植目的: 下痢
主訴: 慢性下痢
服薬中の薬: なし
既往歴: 大腸ポリープ
萎縮性胃炎(ピロリ菌陽性)
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: 心臓病(母)

移植情報

移植期間: 2018年5月22日〜2018年10月30日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:
【1回目移植時問診】
42歳までベトナムにいたが、日本に帰ってから下痢は悪化の傾向。腹痛はない。
5/1よりマーズレン、グリマック、ビオフェルミン開始して腹部違和感、ガスが減った感じだったが、この2日はガス溜まっている。5/8よりボノサップにてピロリ除菌を開始、ボノサップ内服中は週3日下痢続いていた。除菌終了し、5/16より診療補助水開始している。


【2回目移植時問診】
前回移植後、30分で全て菌液は排泄した。3日前までは下痢だったが、この3日は普通便が出ている。


【3回目移植時問診】
前回移植後、おならが減った。下痢の回数は減った。1、2度下痢/週があるが痛みはない。ひどい下痢はない。気分が凄く良くなった。(3回終了後診察)


【4回目移植時問診】
90日ほど外国で仕事、常時ストレスであった。食は以前より細くなった。便は4~5回/日でバナナ状便。


【5回目移植時問診】
便は3~4回/日、性状はバナナ様。ガスが溜まることはない、腹痛なし。


【6回目移植時問診】
3~5日前に下痢あり。今日は大丈夫だが、朝から昼にかけて4回排便あり。便性状は変わってきた感じ、太さが出てきた。前回に良くなったのを実感したのは3回移植が終了して1ヶ月くらい経ってからだった。

移植終了後の変化:
移植後、一週間ぐらいから効果が実感できた。

評価・考察

移植評価: 症状の中程度の改善
移植前後フローラバランス検査の変化: [移植前]2018年5月実施
機能性ディスペプシアの疑いがあるようなフローラバランスのように見受けられます。ビフィズス菌の比率は理想的ではありますが、免疫を司るクロストリジウム属の多様性がほとんど見受けられません。


[移植中]2018年6月実施
何らかの影響(投薬等)だと思われますが、薬に耐性のある菌の増殖が目立ちます。まだバランスシート上に現れていない、移植によって多様化したクロストリジウム属などの存在がいい意味で疑われます。


[移植後]2018年12月実施
クロストリジウム属の多様性が向上しバランスも改善傾向です。あと少し改善され、乳酸菌・ビフィズス菌群の増加が始まれば更に症状の改善につながると思われます。

血液検査の変化: データなし
POMS2スコア変化: データなし

<腸内フローラバランス 移植前後比較データ>

本人の体感(アンケートより):
2018年6月取得
移植後、腸内にガスが溜りにくくなり、効果を実感しました。ただ、移植終了時より期間が空くに連れ、実感が薄れてきたようにも感じます。食事では摂取量を管理してヨーグルトを毎日食すよう心掛けています。

 

有害事象の有無:
なし

 

移植総評・考察:
長期にわたる症状について、ここ最近もベースにあるストレスの影響は常に受けつつも、移植によりフローラが変化し、症状改善につながった症例。
以上


症例紹介のトップに戻る

The following two tabs change content below.
腸内フローラ移植臨床研究会のマスコットキャラクター。 うんち博士の助手として、研究会の広報活動を担っている。 座右の銘は「うんちは汚くないもん」。 腸内フローラ移植についてはこちら