腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

8月31日(土)当研究会による公開勉強会を行いました

2019年8月313日(土)、当研究会の役員・会員による定例会が行われいました。
月に一度の臨床応用のための定例会が開催されました。
今月からより多くの方に知っていただくために、公開勉強会になりました(第二部から正会員の推薦がある方のみ)。
この勉強会では、症例報告や腸内フローラの基礎研究等、腸内フローラ移植を新たな医療として安心して多くの方に受けていただく活動を続けています。

第一部は、9月23日の総会で発表する内容のまとめ。当日はご登壇予定の先生が、本番さながらの症例報告をされました。

そして第二部では、当研究会をご支援いただいている企業の方にもご参加いただきました。
当研究会の移植の特色や、その安全性を支えるボランティアドナーバンクJapanbiome(ジャパンバイオーム)の運営体制などをご紹介しまし、研究のさらなる発展のためご意見交換が熱く繰り広げられました。

祈念すべき第1回の公開勉強会は、満員御礼!大盛況でした。

今後も皆様からのご支援をいただきながら、日々研究を進めてまいりたいと思います。
ご参加いただいた先生方ありがとうございました。