腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

潰瘍性大腸炎 60代男性 -腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 60代男性 潰瘍性大腸炎(経過観察中)

要約

2018年1月から血便、腹痛あり。症状持続し2018年11月に大腸内視鏡検査等で潰瘍性大炎と診断された。リアルダ4800mg開始したが、症状持続し体重も4kg減少あるため、腸内フローラ移植を希望した。
①2019年8月26日、②8月28日、③9月2日、④9月9日、⑤9月18日、⑥9月25日と6回の移植を行った。
徐々に腹痛、下痢がなくなり、血便もなくなった。
移植に伴う副作用も認められなかった。

基本情報

患者様: 60代 男性
主治医: 医療法人桂名会 木村病院
移植担当医療機関: 医療法人桂名会 木村病院

初診時情報

病名: 潰瘍性大腸炎
発症時: 2018年1月
移植目的: 下痢・腹痛、血便
主訴: 下痢・腹痛
服薬中の薬: リアルダ4800mg/日
既往歴: 高血圧
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: 他院で潰瘍性大腸炎と診断されていたが、症状持続し、ホームページで腸内フローラ移植臨床研究会を知って来院された。

移植情報

移植期間: 2019年8月26日〜2019年9月25日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:
徐々に腹痛、下痢がなくなり、血便もなくなった。

【1回目移植時問診】
食事をすると、下腹部痛、軟便あり
【2回目移植時問診】
前回から特に変わりなし
【3回目移植時問診】
特に変わりなし
食事を肉食も開始しているが、腹痛、下痢なし
【4回目移植時問診】
腹痛もなく、食欲も出てきた
【5回目移植時問診】
腹痛なし、便はやや軟らかい感じ
食事は揚げ物は食べていないが、徐々に普通食にしている
【6回目移植時問診】
下痢なし、腹痛なし

移植終了後の変化:
終了後、やや軟便で2回/日の時もあるが苦にならない。
食事は家族と同じものが食べれるようになった。

評価・考察

移植評価: 症状の明らかな改善
移植前後フローラバランス検査の変化: 移植後検査結果待ち
血液検査の変化: 移植後検査結果待ち
POMS2スコア変化: 移植後検査結果待ち

<腸内フローラバランス 移植前後比較データ>

本人の体感(アンケートより):
現在なし
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
リアルダ4800mg服用は継続しているが、下痢、腹痛、血便はなくなり腸内フローラ移植が極めて有用であった症例である。

以上


症例紹介のトップに戻る