腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

便秘症 50代女性 -腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 50代女性(中国国籍) 便秘症(経過観察中)

要約

便秘症状の改善目的にて、本年8月当院外来受診。
腸内フローラバランス検査実施後、1日2回移植を基本に移植を6回実施。
移植中便秘症状の軽度改善見られていたが、同時に下痢症状も認められる状況にて移植終了。移植後年内に、フローラバランス検査を実施予定。

基本情報

患者様: 50代 女性
主治医: 医療法人社団桜伸会 サンテクリニック
移植担当医療機関: 医療法人社団桜伸会 サンテクリニック

初診時情報

病名: 便秘症
発症時: 約20年前
移植目的: 便秘
主訴: 便秘
服薬中の薬: なし
既往歴: 2000年子宮嚢胞切除
26歳よりHBVキャリアといわれているが、肝機能障害なし
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: 20年ほど前より便秘症状に悩まされている。2019.8月当院外来受診。フローラバランス検査実施後、腸内フローラ移植申し込み。
家族歴:父親に食道がん
DHEA利用中

移植情報

移植期間: 2019年10月8日〜2019年10月11日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:
移植中便秘症状の改善がみられた。

【1回目移植時問診】
便秘で2日に1回しか便がでないと訴えあり。
【2回目移植時問診】
移植後水っぽい便が1回出た。腹部症状なし。
【3回目移植時問診】
腹部症状なし
【4回目移植時問診】
移植後すぐにトイレにいきたくなった。腹部症状なし
【5回目移植時問診】
腹部症状なし
【6回目移植問診時】
腹部症状なし。排便なし

移植終了後の変化:
移植後、フローラバランス検査実施予定。現在フォロー中。

評価・考察

移植評価: 症状の軽度改善
移植前後フローラバランス検査の変化: 移植後検査未実施
血液検査の変化: 未実施
POMS2スコア変化: 検査なし

<腸内フローラバランス 移植前データ>

本人の体感(アンケートより):
症状軽度改善〜変化なし
有害事象の有無:
あり(軽度)
移植総評・考察:
便秘症状は改善傾向を認められているが、下痢も見られ便通の状況は安定しているとはいえない。
移植前のフローラバランス検査では、フローラの多様性が乏しく、食生活習慣にも改善必要点があるので、今後それらがいかに改善されるかがフローラバランス改善と便通正常化にとって重要と考えられる。

以上


症例紹介のトップに戻る