腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

その他の疾病(ガス貯留) 50代男性 -腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 50代男性(中国国籍) ガス貯留(経過観察中)

要約

健康面では自信ある一方で、以前より腸の排ガスが多いことを自覚されていた。
2019年8月に当院外来受診。排便は2〜3回/日。腸内フローラ移植カウンセリング後、腸内フローラ移植申し込みされ、腸内フローラバランス検査も実施。
同年10月、1日2回を基本に6回移植を行った。移植中、便秘・下痢症状がみられたが、概ね変化はなく、現在移植後フォロー中。

基本情報

患者様: 50代 男性
主治医: 医療法人社団桜伸会 サンテクリニック
移植担当医療機関: 医療法人社団桜伸会 サンテクリニック

初診時情報

病名: ガス貯留
発症時: 30代頃
移植目的: ガスが多い
主訴: 排ガス過多
服薬中の薬: なし
既往歴: 特記事項なし
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: 20代頃より排ガス多いと自覚していた。
2019年8月外来受診。
状況改善のため、腸内フローラ移植を希望された。
DHEA利用あり
家族歴:父親に大腸がん

移植情報

移植期間: 2019年10月8日〜2019年10月11日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:
移植中に便秘症状改善 下痢症状の出現も見られた。

【1回目移植時問診】
1日1~2回便が出るので、便秘はないですが、ガスが気になる。
【2回目移植時問診】(1回目と同日の午後に実施)
便は午前の移植後から出てないです。
【3回目移植時問診】
普段より下痢っぽくなった。
【4回目移植時問診】
便が出やすくなった。
【5回目移植時問診】(4回目と同日の午後に実施)
朝に出たきり出ていない。
【6回目移植時問診】
軟便が普通便になった。
【移植終了2週間後問診】
移植後も変わらず調子がよい。
移植後フローラバランス検査提出。

移植終了後の変化:
著変なし。

評価・考察

移植評価: 症状の軽度改善
移植前後フローラバランス検査の変化: 検査中
血液検査の変化: 実施せず
POMS2スコア変化: 実施せず

<腸内フローラバランス 移植前データ>

本人の体感(アンケートより):
あまり変化は自覚していない。
有害事象の有無:
あり(軽度)
移植総評・考察:
移植前の腸内フローラバランス検査結果も比較的良好であり、特にはっきりとした自覚症状もない状況での移植であったため、現時点では効果の実感はできていないと思われる。年内には移植後の腸内フローラバランス検査を実施予定。

以上


症例紹介のトップに戻る