腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

アトピー性皮膚炎 30代男性 -腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 30代男性 アトピー性皮膚炎(経過観察中)

要約

幼少時から軽度のアトピーはあったが、30歳以降全身に出るようになってきた。皮膚科よりステロイド等を処方されるも、34歳以降増悪傾向あり。痒みで寝られない日も多くなり、仕事に支障もきたすようになり移植を希望される。

基本情報

患者様: 30代 男性
主治医: ルークス芦屋クリニック
移植担当医療機関: ルークス芦屋クリニック

初診時情報

病名: アトピー性皮膚炎
発症時: 幼少時
移植目的: 肌トラブル
主訴: 幼少時から軽度のアトピーはあったが、30歳以降全身に出るようになってきた。皮膚科でステロイド処方されるも、34歳以降増悪傾向あり。痒みで寝られない日も多くなり、仕事に支障をきたすようになり移植を希望される。
服薬中の薬:

ステロイド(詳細不明)

既往歴:

精索静脈瘤、慢性前立腺炎

経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など:

当院よりB complex、VitD3+K2

移植情報

移植期間: 2019年9月25日〜2019年11月6日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:

皮膚の症状は変化無し。増悪無し。ステロイドは使っている。
言葉数が増えている印象。

【1回目移植時問診】
初めに診察に来た時よりも少し良くなっている感じがする。
【2回目移植時問診】
移植後に特に大きく変わった事はなし。
【3回目移植時問診】
食べ物の好みが変わってきた気がする。体調も良い気がする。
皮膚症状は特に前回と変わりなし。ステロイドは変わらず塗布している。
【4回目移植時問診】
良くなった感じは分からない。痒みも変わってない気がする。
【5回目移植時問診】
皮膚の症状には大きな変化は見られない様子。
【6回目移植時問診】
最近皮膚の痒みはなくなっている。食事も特に気にせずに食べているが、特に皮膚に出ている感じはしない。排便もほぼ毎日あり。ステロイドをここ2日ほど塗布していないが、ひどくなる様子は今のところなし。


移植終了後の変化:
現在フォロー中

評価・考察

移植評価: 症状の軽度改善
移植前後フローラバランス検査の変化: 移植後検査中
血液検査の変化:  
POMS2スコア変化:  

<腸内フローラバランス 1回目データ>

本人の体感(アンケートより):
治療には大変満足されている 症状改善はまだ軽度とのこと
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
移植2回目終了後あたりから、下痢の回数減、食後早期30分以内の便意がなくなっているとのことで、まだ軽度ではあるが症状の改善傾向がみられている。
現在ストレスも軽減されていて、規則正しい生活と十分な睡眠を心がけておられるのでさらなる症状の改善が期待できる。

以上


症例紹介のトップに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です