腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

過敏性腸症候群 20代男性 -腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 20代男性 過敏性腸症候群

要約

過敏性腸症候群(+SIBO)に対して行ったFMTの症例

基本情報

患者様: 20代男性
主治医: ルークス芦屋クリニック
移植担当医療機関: ルークス芦屋クリニック

初診時情報

病名: 過敏性腸症候群
発症時: 14歳〜
移植目的: 疲れやすい
下痢
ガス
肌トラブル(アトピー含む)
主訴: 14歳頃より腹部膨満感、ガス、ゲップが多く一日中張っている感じがあった。起床時が特にひどくだるくて起きづらい。学生時代は不快感ありながらも無理して頑張っていた。幼少時からちょくちょく下痢はあった。病院ではIBSと診断受けている。CF(4−5年前)小ポリープ(+)指摘され切除。
服薬中の薬: イリボー、コロネル、ビオフェルミン、モビコールなど効果なかった。
既往歴:  
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: 祖父:胃がん、糖尿病、祖母:高血圧

移植情報

移植期間: 2019年9月25日〜2019年11月14日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:

【1回目移植時問診】
(患者より)便はすっきり感はなく、もやもやしている感じはある。8月から飲んでいるお水を飲んでから、体感的にははっきりわからないが、ニキビが気になるので肌につけてみると、すべすべしているので、もう少し続けてみたい。

【2回目移植時問診】
(患者より)朝、外に出たら視界が広がった気がした。便は昨日帰ってから1回、今朝1回どちらかというとコロッとしていた。

【3回目移植時問診】
(患者より)昨日移植が終わってから、2回ほど排便があり、最初は水様便だった。次は軟便という感じだった。
一度目の移植の時は、気のせいかもしれませんが視界が広がったような気がした。昨日今日ではあまり大きな変化は感じなかった。

【4回目移植時問診】
(患者より)お通じまあまあ。 回数は3ー4回 Type5が多い。ガスは相変わらず多い。でも匂いは減ってきている。
メンタル落ち着いてきた感じ。安定している。以前は夢に人から責められるようなトラウマ的なものをよく見ていたが、最近はない。自分で活躍している夢。
髪の毛の変化をすごく実感している。腹部症状出現した頃から髪の毛のハリやコシがなくなったことがずっと気になっていたが、FMT受けてから髪の毛のハリやコシが出てきてセットしやすくなった。
爪がもろく変形していたのが綺麗に変化してきた。食事は、せっかくフローラ移植をしているのだからと以前よりは気を付けるようにはしている。

【5回目移植時問診】
(患者より)昨日は夜に水様便がありました。一度だけでした。腹痛とかはなかったです。病院を出て歩くときに、視界が明るくなった感じがあり。

【6回目移植時問診】
(患者より)5回目の後に少し便を催す感じはありましたが、我慢できたので我慢しました。特に痛みもなかった。食事もしっかり摂ってきた。

腸内フローラバランス 比較データ

血液検査の変化: 2回実施
POMS2スコアの変化: 2回実施
本人の体感(アンケートより):
返信なし

評価・考察

移植評価: 症状の中程度の改善
有害事象の有無: なし
移植終了後の変化:
3回終了時に腹部症状の改善、皮膚症状の改善認め、追加の3回(計6回)の移植を施行。
同症状以外に髪のつやが出てきたことに喜ばれていた。
移植総評・考察:
最初の目標の腹部症状の改善があり、効果はあったものと考える。

以上


症例紹介のトップに戻る