腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

アトピー・アレルギー40代女性⁻腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 40代女性 アトピー・アレルギー

要約

基本情報

患者様: 40代女性
主治医: ルークス芦屋クリニック
移植担当医療機関: ルークス芦屋クリニック

初診時情報

病名: アトピー・アレルギー
発症時: 不明
移植目的:
疲れやすい
アレルギー(食品、花粉、化学物質など)
肌トラブル(アトピー含む)
睡眠障害
主訴: 田中クリニックにて初診
食事、サプリ等の栄養療法、腸内環境の重要性
他クリニックで栄養療法に関する血液検査済み後、再診して腸内フローラ移植、その後の栄養管理などを説明。
腸内環境を推測するために免疫機能(FACS)実施。

ルークス芦屋クリニック受診時には下肢の浮腫、冷え、痛み、倦怠感、下痢などあるもはっきりした診断はつかない不定愁訴。

服薬中の薬: なし
既往歴:
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: タバコは25年以上

移植情報

移植期間: 2019年11月15日〜2019年11月29日
移植回数: 3回
移植初回〜移植終了までの変化:
【1回目移植時問診】

最近は足の裏が痛む。
体のあちこちが痛むのでそれが少しでも楽になりたい。
手と顔が暑い。
今日は朝が起きられなかった。
採血あるため絶食で来院のため、空腹感あり。下肢末梢冷感あり。

【2回目移植時問診】
1回終了後より手足、首から上の火照りがましになった。便通も少し良くなった。


【3回目移植時問診】
足の痛みや気持ち悪さが、今までは夕方には症状が出ていた頻度の低下。
いつも夕方になるとお腹のぼわーとした感じがあったのにそれもなくなっている。
体感と症状の軽減が見られたようで明るく話されている。

移植終了後の変化:
便通、倦怠感、冷え性、むくみは改善傾向あり。
気分的にも変化 (良くなっている)

評価・考察

移植評価: 症状の明らかな改善
移植前後フローラバランス検査の変化: [移植前]2019年9月実施
総合的な腸内フローラおよびC.クラスターの多様性に特に問題はないと思われます。
ただ若干バランスに問題あります。
ラクトバチルス、バクテロイデス、プレボテラの割合が低く、C.クラスターⅨの割合はやや高めです。
極端なバランス変動ないという点と問診のサプリを含めた投薬、食習慣の見直しで改善が見込めそうな印象はあります。


[移植中]なし


[移植後]なし

血液検査の変化: データなし
POMS2スコア変化: なし

<腸内フローラバランス 移植前データ>

<腸内フローラバランス 移植後データ>

本人の体感(アンケートより):
返信なし
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
POMSにはあまり反映されていないものの、自覚症状は改善していると考えられる。

関連動画

日付:2019年4月5日
次世代型腸内フローラ移植の今後の展望
第131回MVC定例会
発表者:ルークス芦屋クリニック 城谷昌彦先生

以上


症例紹介のトップに戻る