腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

2020年の活動・症例紹介・手作りお味噌開封など【メルマガvol.10】一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会

∴*∴

一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会
メールマガジンvol.10 2020/1

∴*∴

こんにちは!
一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会です。
大寒の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

◆◇── 1月のコンテンツ ──◇◆
┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆1━…代表理事より2020年のご挨拶と抱負
┃◆2━…症例紹介ページ更新中   
┃◆3━…手作りお味噌、開封
┃◆4━…関連イベント情報(2020年総会早期割あり)
┃◆5━…書籍購入ページのご案内
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1━…
『代表理事 田中善より、2020年のご挨拶と抱負』

みなさま、本年も宜しくお願いいたします。

さて、兼ねてより研究会として尽力しておりますが、
まだまだこれから患者さんの治癒率・改善率を上げることが必要です。
そのためには多くの臨床例を上げる必要があります。

研究会に所属する全国20施設の先生方にも
ぜひご協力いただくようよろしくお願いします。

また、大阪大学との共同研究についても進めております。
寄付金や研究費を捻出し、患者さんのご負担が少しでも少なくできるように
会員自らが努力し方策を考える必要があります。
シンバイオシス研究所の菌液精製の精度を上げることにも努め
基礎研究に積極的に取り組んでまいります。

※さらに詳しく動画で見る
⇒ https://youtu.be/-RMorGsK_A4

◆2━…
【症例紹介ページ、随時更新中】

患者さんとそのご家族や、医療関係者、企業の方々など
皆さまからのお問い合わせにて
「どんなケースがあるの?」
というお声をいただきます。

当研究会では、移植できる医療機関で行われた症例を
先生方よりご報告いただき、随時ご紹介しております。

主に
・アトピー性皮膚炎
・便秘症
・過敏性腸症候群
・潰瘍性大腸炎
など

移植の回数ごとの経緯や、腸内細菌データの変化、
医師とのコミュニケーションの様子などの記録をご覧いただけます。

当研究会の移植に関心のある皆様のご参考になりますよう、
今後もより多くの情報提供に努めてまいります。

__________________

症例紹介ページはこちら
⇒ https://fmt-japan.org/category/fmt_cases
__________________

◆3━…

\お味噌が完成!/

昨年より仕込みを行ったようすを5月のメルマガにて公開し、
約8か月発酵熟成していたお味噌を開封しました。

腸が喜ぶお味噌の栄養成分について、
管理栄養士であり中医薬膳指導士の清水幸子先生に
解説いただきながらの開封、お味噌汁作りとなりました。

腸内環境を整えるための
お味噌汁作りのワンポイントアドバイスもあり!

以下のアドレスより動画でご覧いただけます。
__________________

【管理栄養士のポイント付き】手作りお味噌開封!
(約2分)
⇒ https://youtu.be/6RiwPlRBwG0
__________________

※2019年5月公開の仕込みの様子はコチラ
【お料理レポート】
「管理栄養士に教わる、発酵食で腸活!お味噌作り」
お家でも簡単☆腸内フローラを整える、お味噌の大切な役割とは?
⇒ https://youtu.be/HGjaONI3LKM

◆4━…

当研究会関連イベント情報

【 第2回 KIN・TOSS 】
『腸内細菌と仲良く暮らす~現代の食生活~』セミナー
@神戸

・日時
2020年2月22日(土)
17:00~21:30(16:30~受付)

豊かな食事とは・・・
日本古来の食文化を通じて・・・
真の健康と「菌(Kin)」の関わりと「繋ぐ(Toss)」
食事の大切さを実際に体感していただきます。

今回の講師は、管理栄養士の荻野みどりさん(ハートスフードクリエーツ株式会社)
幼稚園や保育園でお母さんたちに子供の健康について講演されています。

テーマ 「腸内細菌と仲良く暮らす~現代の食生活~」

腸内細菌たちを意識し、暮らしていくのには「食」が重要。
現代社会の食生活や取り巻く環境からも見直していくことが大切です。
腸内細菌たちが喜ぶ食事についてのお話を伺い
セミナー後にはお話にまつわるお食事をいただけます。

専門家たちによるパネルディスカッションも開催!
講師の 荻野みどりさんに加え、
長く畜産業において動物の健康を菌の立場から研究され、
人の口腔内ケアが全身の健康に関与していることから
簡単に口腔内の環境を整える口腔内用チュワブルの普及に取り組んでおられる 下村 温さん、
そして、第2回は、当研究会 評議員の 田中三紀子の3名でお届けします。お楽しみに!

お申込み・詳細はコチラ
⇒ https://fmt-japan.org/events/event/kintoss02

_________________

【 2020年第4回総会 】

日時:2020年9月21日(月・祝)
   10:00~17:00 講演
   17:00~19:30 懇親会
場所:リーガロイヤルホテル(大阪)


早期お申込みがお得

・一般ご参加の方は、早割(~5/15) 特典あり!
・移植患者様はご参加無料(ご家族は特別価格)
(クレジット、銀行振込、郵便振替からお選びいただけます。)

☆企業様へ抄録掲載の協賛広告も募集中です。

=============

一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会
【2020年総会・学術大会 詳細&お申込み】
⇒ https://fmt-japan.org/events/event/soukai2020

=============

◆5━…

当研究会関連の書籍をお求めの方へ

≪腸内細菌から人類への手紙≫
(編)一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会

「腸内フローラ検査を受けたけれど、よくわからない…」

これまでの腸内フローラ検査では
解析結果として出てきているものの、
その働きがよくわからない菌が沢山いて、
その解釈が追いついていないというのが現状でした。

当研究会では
腸内細菌を、生物学的分類における階級で分ける視点をもとに
大きなポイントと、細かいポイントに分け
そこから私たちの実生活で
免疫力や代謝能力を高める方法にまで
詳しい解説を加えました。

研究員が日々、
何人もの患者さんの腸内フローラのデータを見続けているからこそ
生み出すことができた、渾身の書籍です。

★他、これまで出版した書籍も購入可能です。


≪腸内細菌が喜ぶ生き方≫
(著)城谷昌彦 先生
当研究会専務理事/ルークス芦屋クリニック院長

城谷先生ご自身の病歴や
臨床医としての豊富な知識と経験をもとに
腸内細菌を整えることが人生に大きな意味があると
感じることができる1冊です。


≪うん値UPドリル≫
(編)一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会

最新書「腸内細菌から人類への手紙」の
前身ともいえる1冊でありながら
“超入門編”としてはベスト。
腸内環境を整えることの大切さを伝えるさを、
漫画やイラストを交えて、初心者にもわかりやすく解説しています。


≪うんちのクソヂカラ≫
(著)清水 真
当研究会評議員/臨床検査技師

35年間、日夜没頭している腸内細菌の研究により、
独自の製法による
生着しやすい腸内フローラ移植用の菌液を開発した
清水の原点が詰まっています。

この本をきっかけに臨床医の先生方が
清水を訪ねたことから
当研究会発足の架け橋となったともいえる1冊。

_________________

全ての書籍のご購入はコチラから
⇒ https://fmt-japan.org/patients/books

※クレジットカード決済ができるようになりました。
お申し込み確認後、2営業日以内に決済メールを送らせていただきます。

________________

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

当メールマガジンは毎月1回発行です。
会員、イベントご参加者、ご支援者、患者様を中心にお送りしています。
ご友人やご家族にも、ぜひご紹介ください!

◆メルマガ新規ご登録
⇒ https://bit.ly/2OpOJI0

◆LINE登録
⇒ https://lin.ee/cXwto2p

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

各種SNSも随時更新中!

アカウントをお持ちの方は、
ぜひフォロー・お友達登録をお待ちしています。

◇Facebook
⇒ https://www.facebook.com/fmt.japan2017/

◇Instagram
⇒ https://www.instagram.com/fmt_japan/

◇Twitter
⇒ https://twitter.com/fmt_japan

◇YouTube
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCfuvqJj75Y5YRp1X-fQJrYg/featured