腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

便秘症 40代男性ー腸内フローラ症例紹介

症例紹介 40代男性 便秘症(経過観察中)

要約

以前より、便秘症に悩んでいた。10年位前に、歯のかみ合わせの治療をして、その後少し軽快した。しばらくして、徐々に症状が増悪してきて、地震を契機に便秘症が増悪。他院での内視鏡では痙攣性便秘症と診断された。便秘増悪時は蕁麻疹様の症状や嘔気、腹部膨満も認め、ストレスが大きくなってきた。毎日アローゼン等の便秘薬が欠かせず、いつも苦しい思いをしていた。
今回移植をし、回数をおうごとに患者さんの満足度は増してきた印象。初回からできるだけ便秘薬を使用しないように工夫され、6回目の移植時には週1程度の投薬で対応できている。診察時の腹部も非常に硬かったのが、すごくやわらかくなった印象もある。できるだけ現状が維持できるように指導し、また、追加移植を検討する予定。

基本情報

患者様: 40代 男性
主治医: グレースメディカルクリニック
移植担当医療機関: グレースメディカルクリニック

初診時情報

病名: 便秘症(便秘増悪時に蕁麻疹様症状あり)
発症時期: 10年以上前
移植目的: ガス
主訴: 以前より、便秘症に悩んでいた。10年位前に、歯のかみ合わせの治療をして、その後少し軽快した。
しばらくして、徐々に症状が増悪してきて、地震を契機に、便秘症が増悪。他院での内視鏡では痙攣性便秘症と診断された。
便秘増悪時は蕁麻疹様の症状や嘔気、腹部膨満も認め、ストレスが大きくなってきた。
数年前からフローラ移植は気になっており、調べたら近くでされていたので受診した。
服薬中の薬:
アローゼン、プラセンタ、オゾン
ヘパリーゼ
既往歴: なし
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: 母:胃がん、脳動脈瘤

移植情報

移植期間: 2019年11月21日〜2020年1月15日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:
6回移植をして、追加移植を検討中。

【1回目移植時問診】
体調で特に困ったことはない。便の状態も変わらず。
移植後は、腹鳴良好。特に自覚症状なし。

【2回目移植時問診】
あまりまだ効果は感じない。移植後、1時間半くらいして、水様便がでた。
次の日は黄色い便のタイプ6。こんないい色は久しぶり。
その次からはいつもどおりに戻ってしまった。
移植前からあった下腹の痛みは、持続してるが今は若干軽快あり。
睡眠はしっかりとれている。移植前後で変化なし。

【3回目移植時問診】
今回は、移植後の液をすごく我慢して出さなかった。便秘薬は同日は飲まないようにして、次に日は細い便がでた。
その次の日はおなかもパンパンだった。その時は皮膚状態も悪化した。薬は減らしても出るようになったが、細く黒っぽい。
身体の変化は感じている。調子はいいような、悪いような感じ。
毎日サウナがいるが、以前より汗をかきやすくなって、ポカポカしてる時間が長くなったような気がする。
眠りの質も少し良くなったように感じる。

【4回目移植時問診】
移植の次の日、その次の日は快便で(ただ、色は少し黒めで細い)、その次の日は出なかった。
アローゼン(便秘薬)を飲むのはやめ、グーフィス(便秘薬)で出来るだけ対応するようにした。
眠りも問題なし、深い眠りに入った感じがする。
残便感はあるので、皮膚状態は完ぺきではないが、以前よりはいい。
全く便が出ないこともないし、嘔気も無くなったのがいい。皮膚をぼりぼりかくこともなくなった。
確実によくなっている実感がある。

【5回目移植時問診】
3回しかグーフィスを飲まなかった。毎日出るのはいい。
張っている感じが毎日あるから肌荒れは続いている。
期待してるほどではないが、確実に良くなっている印象がある。気分も少しいい。

【6回目移植時問診】
経過はいいと思う。週1でグーフィスを使う程度になった。毎日出るが、残便感がある。
眠りも深くなった気がする。
まだ皮膚が荒れることはあるが、皮膚症状範囲は狭くなりよくなってる。

移植終了後の変化:
症状の明らかな改善

評価・考察

移植評価: 症状の明らかな改善
移植前後フローラバランス検査の変化:
腸内フローラの多様性はそう問題にならないが、バランスにもう少し調整が必要である。
6回の移植の後、プレボテラが減り、バクテロイデスが増加した。
これは、皮膚等の組織を修復するために脂肪を代謝しはじめた証拠であり、いい傾向である。
血液検査の変化: コメントなし
POMS2スコア変化: コメントなし

<腸内フローラバランス 1回目データ>

<腸内フローラバランス 2回目データ>

本人の体感(アンケートより):
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
患者さんもやってよかったと話されていた。最近になって、何年ぶりかに黒っぽくない、茶色い普通の便が出たと喜んでおられた。
睡眠の改善もできてきているようで、しっかり熟睡できていると最後に話してくれた。
できるだけ、今をキープし、追加移植を検討する予定である。

以上


症例紹介のトップに戻る