腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

【腸内フローラ移植症例紹介】潰瘍性大腸炎 50代男性

症例紹介 50代男性 潰瘍性大腸炎

要約

自覚症状(下痢、排便回数、ガスが多いなど)が指標。
移植1回目でガス貯留感が改善、便もやや硬めになった。
2回目以降も腹部及び排便症状は更に改善傾向。加えて慢性的な鼻閉感も改善したとのこと。

基本情報

患者様: 50代 男性
主治医: 二子玉川メディカルクリニック
移植担当医療機関: 二子玉川メディカルクリニック

初診時情報

病名: 潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、肛門不全
発症時期: 平成2年10月頃から
移植目的: 下痢、ガス
主訴:
腹痛など
下痢
ガスが多い
服薬中の薬: イリボー、メサラジン、コロネル、トランスコロン、ガスコン、トリメプチンマレイン酸
既往歴:
糖尿病
高血圧
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など:

移植情報

移植期間: 2020年3月5日〜2020年3月19日
移植回数: 3回
移植初回〜移植終了までの変化:
移植3回実施【1回目移植時問診】

ガスが一番気になる。コロコロ便や水溶便が精神的な状態に応じて起こる。
行動制限や人付き合いに影響を感じる。肛門不全がある。

【2回目移植時問診】

ガスの溜まる感じ少しはよくなった。排便もよくなったが硬め。電車は怖くてまだ乗れない。

【3回目移植時問診】

ガス溜まりよくなった。便もいい感じ。腐敗臭なくなった。

【検査説明時問診】

便はだいぶいい状態。ガスがもう少し落ち着いてくれるといいとのこと。
移植終了後の変化:
自覚症状(下痢、排便回数、ガスが多いなど)が指標。移植1回目でガス貯留感が改善、便もやや硬めになった。2回目以降も腹部及び排便症状は更に改善傾向。加えて慢性的な鼻閉感も改善したとのこと。
他院で内科的な投薬療法を継続しているが、慢性的な症状は改善傾向になかったが、今回の移植により便が形付き、肛門不全のため軟便が漏れる感じはなくなった。更にガス貯留過多に伴う腹部膨満の症状も軽快傾向であったので、3回コースでも効果を認めた。更に追加移植をすると、更なる改善が望まれそうだ。

評価

移植評価: 症状の明らかな改善

<腸内フローラバランス 1回目データ>

<腸内フローラバランス 2回目データ>

本人の体感(アンケートより):
移植期間中、効果を少し実感した。今後効果が継続するか不安ではあるが、食生活の見直しをここころがけるようにしている。便を提供していただき大変感謝している。
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
経過観察・追加移植検討中

以上


症例紹介のトップに戻る