腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

患者様の声「きれいな便に喜び写真を撮りました」

2021年2月28日(日)に開催された第4回KIN・TOSSにて、福岡県の喜多村クリニックの喜多村邦弘先生の症例報告の中でで公開された患者様の声をご紹介いたします。第4回KIN・TOSS 開催報告はこちら

2年前に移植を受けられた自閉スペクトラム症のお子さんの保護者の方からいただいたお声です。

腸内フローラ移植を受けようと決心したきっかけや、不安に感じたことなど、語ってくださいましたので、ぜひご覧ください。

【プロフィール】
移植当時7歳 女児
Aちゃん
疾患名:自閉スペクトラム症
移植回数:
2018年7月13日~8月30日 6回移植コース
2019年12月7日 追加移植1回
移植担当主治医:喜多村クリニック
喜多村クリニックの記事一覧はこちら
移植後の診断:症状の明らかな改善

<症状の改善には個人差があります>


当研究会では「自閉スペクトラム症」と診断された患者さんが移植を受けられる際に、保護者の方に各種検査のご協力をお願いしております。

行動や便の状態の変化を記録いただくことで、移植によってどのような変化が現れるのかを様々な観点から検証するためで、腸内フローラ移植の可能性をさらに広げるきっかけとなります。 ご協力いただける方は主治医にお伝えください。

自閉スペクトラム症(ASD)への取り組みについてはこちら