腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

【イベント】腸内環境セミナー「森と海と腸内細菌」(主催:ルークス芦屋クリニック)<2021年11月27日>

来たる11月27日(土)に、当研究会移植医療機関である「ルークス芦屋クリニック」主催で、『森と海と腸内細菌』と題してセミナーが開催されます。

シンバイオシスから上席研究員の 清水 真 が参加させていただきます!

日時

2021年11月27日 土曜日 午後1時~5時30分

場所

芦屋市民会館301号室(仮)+オンライン(ZOOM)(ハイブリッド開催)

【オンサイト会場のご案内】
芦屋市民会館:兵庫県芦屋市業平町8番24号
※会場は変更になる場合がございます
※託児はありませんのでご了承ください
※感染予防のためマスクの着用をお願いいたします
※発熱等の症状がある場合は入場をお断りする場合がございます

申込方法

下記サイトからお申込みをお願いいたします。

お申し込みはこちら

講演内容

第1部(13時~):講師:小池雅美先生
「海と腸 ~いのちの歴史を作る細菌~」

第2部(14時~):講師:桐村里紗先生
「森と腸 ~「土」からのプラネタリーヘルス~」

第3部(15時~):講師:清水 真+城谷仁美先生
「腸内細菌の不思議 ~自閉症にみる脳腸相関~」

第4部(15:50~):講師:城谷昌彦先生
「腸と健康 ~日本人の肚(ハラ)を取り戻す~」

シンポジウム(16:40~)「森と海と腸内細菌」

※内容が変更になる場合があります

講師プロフィール


小池雅美 先生:医師、臨床分子栄養医学研究会特別認定指導医。
東海大学医学部卒業。日本東洋医学会専門医。日本医学放射線学会放射線診断専門医。検診マンモグラフィ読影認定医。日本抗加齢医学会会員。

栄養外来を行う傍らで、実践講座の主任講師を務め、漢方の豊富な知識と経験をいかして全国で公演活動を行っている。データから性格や食生活を正確無比に読みあてるライブ講座が人気。


桐村里紗 先生:内科医・認定産業医。tenrai株式会社代表取締役医師。臨床現場において最新の分子整合栄養学やバイオロジカル医療・腸内フローラ研究などをもとにした予防医療、生活習慣病から終末期医療まで幅広く診療経験を積む。生命科学、常在細菌学、意識科学、人文科学、最新の数理学などをもとにヘルスケアの意味を再定義し、食や農業、環境問題への洞察をもとに人と地球全体の健康を実現する「プラネタリーヘルスケア」をはじめ、最新のヘルスケア・ウェルネス情報をさまざまなメディアを通じ発信している。主な著書に『腸と森の「土」を育てるーー微生物が健康にする人と健康』(光文社新書)など。

清水 真:シンバイオシス研究所 上席研究員(菌職人)、臨床検査技師、臨床工学技士。臨床検査技師として30年来、腸内細菌の魅力に取り憑かれ、その臨床応用研究に取り組む。ウルトラファインバブル(UFB)技術、NanoGAS®を活用した糞便移植の開発者。

城谷仁美 先生:臨床心理士、公認心理師。日本航空国際線客室乗務員を経て、大学院にて国際関係学、心理学を修め、2005年臨床心理士資格取得。大学院時代よりがん患者会や子育て支援に携わり、現在ルークス芦屋クリニックや公的機関にて主に心身症、発達の遅れや脆弱性のある児童やその家族支援を行っている。2男1女の母。

城谷昌彦 先生:ルークス芦屋クリニック院長。消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、内科認定医。1995年東京医科歯科大学卒業。神戸大学病院内科、京都大学病院病理部、兵庫県立塚口病院消化器科医長などを経て、2016年より現職。栄養療法や心理カウンセリングなど全人的なアプローチで腸内環境改善を柱とした根本治療を目指している。2017年からは腸内フローラ移植(糞便移植)による治療を開始。一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会専務理事。

イベント情報

<ルークス芦屋クリニックより>
昨今、「腸活」ということばがマスコミを賑わすようになりましたが、皆さんのなかにも詳しくはよく分からないけどなんとなく、「健康のためには腸内環境を整えるのが大事」と認識されている方は少なくないのではないでしょうか。
でも皆さん、その「腸活」とは果たして発酵食品や乳酸菌などのサプリメントを取ることが本当の腸活なのでしょうか?

皆さんの中には昨年来のコロナ禍を経験して、自分の健康は自分一人で完結するものではなく、周囲の環境に大きく依存することに改めて気づいた方もいらっしゃることでしょう。
本当の健康は自分の中だけで完成させられるものではなく、人間関係も含めた周囲の環境との調和があって初めて実現するものと考えています。そしてそれらを有機的に結びつけているのが腸内細菌や土壌内に生息する細菌などの微生物であることも明らかになりつつあります。
もちろん腸活で注目される腸内細菌も腸内環境という重要な環境因子となりますし、私たちが口にする食材が育つ土壌などの環境も私たちの健康に大いに影響を与える環境因子の一つとなります。

今回のセミナーでは、私たちの健康に大きく関与している腸内細菌と私たちを取り巻く森や海がどう関係しているのか、分子栄養学や地球まるごとの健康を考える「プラネタリーヘルス」と言った切り口から、自身の内外にある環境との調和の重要性に気付いていただければと考えています。サブタイトルも「〜微生物を介した人と環境との再接続〜」としました。

講師の小池雅美先生は放射線診断や東洋医学の分野での幅広い見識は元より、分子栄養学の世界でもその鋭い洞察力、データ解析力により多くの方のオプティマルヘルスに貢献していらっしゃいます。また最近では海釣りにハマっていらっしゃるとのことで、それに絡めて生命の進化と細菌の関係といったテーマでお話しいただく予定です。

桐村里紗先生は、医師としての幅広いご経験をもとに、生命科学、常在細菌学、意識科学、人文科学、最新の数理学などをもとにヘルスケアの意味を再定義し、食や農業、環境問題への洞察をもとに人と地球全体の健康を実現する「プラネタリーヘルスケア」をはじめ、最新のヘルスケア・ウェルネス情報をさまざまなメディアを通じ発信していらっしゃいます。

清水真先生は、長年腸内細菌の研究の従事されたご経験より、私たちの健康のために腸内細菌をはじめとする微生物との再接続が重要という認識を持たれ、微生物を活用したヘルスケアの一つの形である「腸内フローラ移植」をいち早く開発されました。今回は自閉スペクトラム症の治療に腸内フローラ移植が行われた際の腸内フローラの変化や腸内細菌の持つ不思議な力について解説をしていただきます。

また当院の臨床心理士・城谷仁美がその際の心理的な変化にについても解説を加える予定です。
最後のセッションでは私がお話をさせていただきます。

最近の研究では、腸内細菌は私たちの直感とも深く関連しているということがわかってきました。つまり古来より日本人が意識していた「肚」は腸内細菌の働きとも深い関わりがあったものと考えられます。私自身、頭でっかちで最も「肚(ハラ)」から遠い生き方をしてきたが故に様々な健康トラブルを抱えてきました。そんな私が、病の経験や医師として気付いた「肚」の重要性について私なりにお話しできればと考えています。少しマニアックな集まりになるかもしれませんが、この様なテーマでのお話を求めていらっしゃる方に届けば幸いです。どうぞご参加ください。

お申し込みはこちら

 

ルークス芦屋クリニックのサイトこちら