腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

自閉スペクトラム症、その他の疾患 40代女性 -腸内フローラ移植症例紹介

症例紹介 40代女性 自閉スペクトラム症、その他の疾患

要約

HSP、ADHD傾向。子供の頃から過敏で恐怖心あり。大人になってから気分の落ち込みがあり、生きづらさを感じていた。
1回目の移植後から不安感などが消えた。

基本情報

患者様: 40代女性
主治医: ナチュラルアートクリニック
移植担当医療機関: ナチュラルアートクリニック

初診時情報

病名: 自閉スペクトラム症、その他の疾患
発症時: 物心ついた頃から。診断は2016年。
移植目的: イライラ、癇癪、疲れやすい、下痢、ガス等の症状改善
肌トラブル(アトピー含む)、体質改善
主訴:
診断されたのは、大人になってからであるが、幼い頃からずっと社会不安障害の要素は持っていた。分からない全てのことに恐怖や不安を感じ、人前に出ると極度に緊張する。
HSP(HSS)の気があり、日常の様々な刺激や情報が、不快に感じることが多く、生きづらさをかかえていた。
服薬中の薬:  
既往歴:  
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など:  

移植情報

移植期間: 2021年7月16日〜2021年8月17日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:

【1回目移植時問診】
体調は変わりない。お腹の調子は悪くないがいつも便はゆるい。
食事指導も行った。
(①水は2ℓぐらいは摂る ②水溶性食物繊維、根菜類はしっかり摂る ③グリテンフリー ④カゼインフリー)

【2回目移植時問診】
移植後、不安感、そわそわ感軽減した。
以前は仕事しようとすると不安物質が出ていたが、なくなり取り掛かりやすくなった。
睡眠の質へ変化なし。
メンタルにポジティブな変化あったので、引き続き変化をみる。

【3回目移植時問診】
下痢ぎみだったのが良くなった。
メンタル面も落ち着いている。
にんじん、玉ねぎ、かぼちゃ、サツマイモなど根菜類を意識して摂取している。
前回、移植後2時間程、腹部膨満感あり。
ポジティブな変化が多く、引き続き経過をみる。

【4回目移植時問診】
体調は良い感じ。メンタル安定。
以前は1日に3~4回軟便が出ていたが、1日に1~2回へ減り、基本普通便になる。

【5回目移植時問診】
1回目の時が一番体感があった。その後はいい調子が続いている感じ。
精神、排便状況安定。
朝プロテイン摂取2時間後あたりに胃酸がすごく出る感じある。空腹感なし。
セロトニンを出すためにも朝食にバナナ追加の予定。

【6回目移植時問診】
調子はいい。
メンタル、排便状況、共に良い。睡眠状況もまずまず。
食事は、移植当初と比べると大きく変化あり。
(根菜類を増やし、小麦の摂取をしなくなった。白米に玄米2/3入れるようにした。オートミールは時々摂取)

【2か月後検査説明時問診】
調子はいい。
目標の菌のバランスに、ほぼほぼ達している状態で、かなり結果が出ていると感じる。
食事にも気を配り、経過を観察していく。

腸内フローラバランス 比較データ

血液検査の変化: 実施せず
POMS2スコアの変化: 実施せず
本人の体感(アンケートより):
 

評価・考察

移植評価: 症状の明らかな改善
有害事象の有無: なし
移植終了後の変化:
初回移植後より、不安感消失。便の性状も改善。
1回目の移植後が一番効果を感じたが、その後はいい状態を維持。
焦り、イライラもなくなった。
食事も移植前と大きく変わった。
移植総評・考察:
上記の通り、初回移植後より効果を実感。
不安が減り、その後焦りやイライラもなくなった。便の正常も正常化。

以上


症例紹介のトップに戻る