腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

臨床医インタビュー〈城谷昌彦先生〉「自閉スペクトラム症(ASD)患者様への腸内フローラ移植(FMT)について」

当研究会 専務理事である、ルークス芦屋クリニック 院長 城谷昌彦先生にインタビューさせていただきました。

『自閉スペクトラム症の方への腸内フローラ移植(FMT)について』

特に気を配っていることや、親御様やご本人様の不安への向き合い方などをお伺いしました。

インタビュー動画は以下のリンクよりぜひご覧ください。
▶インタビュー(約17分)

再生画面のシークバーに表示されているチャプターから、またはYouTubeページの備考のタイムスタンプから、見たいシーンに飛ぶこともできます。

00:00 城谷先生ご挨拶
01:42 「腸内細菌」と「自閉症」はどう繋がっている?
03:24 自閉症に特徴的な腸内フローラバランスは?
05:33 印象的な移植前後の変化はどんなもの?
07:34 来院する方々の不安を軽減する工夫は?
10:32 「移植」とは一体何をするのか?
12:54 クラウドファンディングに向けて一言


当研究会では、自閉スペクトラム症(ASD)の取り組みを行なっており、 2022年5月14日より、クラウドファンディングに挑戦いたします!

「ASDの子どもたちに明るい未来を切り拓く治療を提供したい」

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。