腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

<終了>【イベント】第3回 ゆるっと菌たちと座談会~移植後の変化にビックリ…そのワケは?~<2022年7月15日>

※イベントは終了しました※

世界でも期待されつつある治療、腸内フローラ移植(FMT)を自閉スペクトラム症(ASD)の子供達にお届けしたい!
ASDの子供たちにもっと生きやすい安心した毎日を送ってほしい!

そんな想いで、当研究会はクラウドファンディングに挑戦しました。たくさんのご支援ありがとうございます。

腸内細菌ってなに?
ASDとなんでウンチが関係するの?
ASDの子供たちって超高速で情報処理してる?!
アメリカでは、FMTはASDの治療の選択肢になってる?

まだまだ分からなことがたくさんある自閉スペクトラム症。
世界では、腸内細菌と自閉スペクトラム症の研究がどんどん始まっているそうです。

日本では、腸内細菌を移植するという方法は、まだ医療になる途中の段階ですが、5年前から今の医療で治らない病気がどんどん増えていることを危惧して、当研究会が発足されました。

第1回ゆるっと菌たちと座談会には、40名以上の方にご参加いただき、実際に移植した保護者の方の経験が聞けてよかった、腸内細菌のことを知る機関になったと嬉しい感想と寄せていただきました。

そこで、7月15日に第3回ゆるっと菌たちと座談会をオンラインにて開催いたします。

今回は第1回にゲストとしてご参加いただいた畠中直美さんをお迎えして、移植体験第2段として、移植後の変化について更に詳しくお話いただきます。
畠中直美さんは、3人の男の子のお母様で、上のお子様が自閉スペクトラム症(=ASD)と診断され、現在いろいろなことに取り組んでこらています。当研究会で移植をご経験されました。

さらに今回は、当研究会の移植を支えているナノバブルのこともお話しします。
移植後の変化には、腸内細菌とナノバブルに深~い関係があるのかもしれません。

第1回を聞いていただいた方も、今回初めての方も、聞いてみるだけもOK。一緒に話したい方も、大歓迎です♪
参加無料、申し込み不要、顔出ししなくても大丈夫、出入り自由です!
ラジオ感覚でゆるっとご参加ください。事前の質問や座談会中のチャットも大歓迎です。

開催概要

【日 時】 

2022年7月15日 (金) お昼12:00~13:00
オンライン開催

☆延長の可能性あり、記録のため録画録音いたしますが、そのままは公開しません☆

【テーマ】

~移植後の変化にビックリ…そのワケは?~

GUEST: 畠中直美さん
3人の男の子のお母様で、上のお子様が自閉スペクトラム症(=ASD)と診断され、研究会で移植をご経験されました。
移植の体験談をお話いただきます。

・申し込み不要
・参加無料
・顔出ししなくても大丈夫
・出入り自由


第1回 ゆるっと菌たちと座談会 動画

6月15日に開催された『第1回 ゆるっと菌たちと座談会』の動画を一部公開いたします。
実際に、お子様が移植を経験されたお母様としての感想をお話いただきました。

クラウドファンディング プロジェクトページ

[12歳以下ASDのお子様限定]腸内フローラバランス検査半額企画

関連動画