腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会

アトピー性皮膚炎への取り組み

当研究会のアトピー性皮膚炎への取り組みついて

当研究会に所属する移植チームは、35年以上の細菌基礎研究を通じて独自の腸内フローラ移植方法を開発したことで、当研究会は2017年11月設立以来、臨床医の管理の元これまで350症例以上の腸内フローラ移植を行ってまいりました。

当研究会でのアトピー性皮膚炎の症例は、過敏性腸症候群の次に多く、発症されてからどのくらいが経過しているかが重要と言われています。特に病歴が長ければ長いほど時間を要すると考えており、必要な移植回数も比例する結果がでています。更にアトピー性皮膚炎には、遺伝的要因以外にも環境要因、栄養の過不足なども大いに関係していると考えられ、皮膚の症状と腸の状態がいかにリンクしているのか等、第3回学術大会でも症例報告をさせていただきました。(開催報告はこちらから)

そこでこの度、当研究会では「アトピー性皮膚炎」と診断された患者さんが移植を受けられる際に、各種検査のご協力をお願いすることとなりました。

この度の試みは、皮膚や便の状態の変化を記録いただくことで、移植によってどのような変化が現れるのかを様々な観点から検証するためで、腸内フローラ移植の可能性をさらに広げるきっかけとなります。ご協力いただける方は、主治医までお伝えください。

各種検査について

ご協力いただく検査は、下記の通りです。

≪ダイアリー≫
 ・菌力アップダイアリー(ウェブ回答)
 ・ブリストル便形状尺度 (菌力アップダイアリー内に含む)

≪検査チェック≫
 ・POEM(Patient-Oriented Eczema Measure)(ウェブ回答)
 ・EASI (Eczema Area and Severity Index)(医療機関にてチェック)
 ・皮膚常在菌検査(医療機関にて採取)

≪水素NanoGAS®ウォーター≫
 ・飲用
 ・患部に塗布

各種検査の実施時期

アトピー性皮膚炎の患者様には2種類の移植がございます。
主治医とご相談の上、どちらかをお選びください。

12歳以下のアトピー性皮膚炎患者様限定 浣腸タイプ

移植医療機関以外の提携医療機関(皮膚科医院)でも移植が可能

その他のアトピー性皮膚炎患者さん 通常移植

腸内フローラ移植について

12歳以下アトピー性皮膚炎患者様限定[浣腸タイプ]について

12歳以下のアトピー性皮膚炎患者さん限定で、新しく「浣腸タイプのみ」の腸内フローラ移植が可能になりました。
これにより移植医療機関以外の提携医療機関(皮膚科医院)でも移植が可能になりました。
腸内フローラバランス検査の結果を待たずに、汎用タイプの菌液で移植をしていただけます。

1クール目は、来院時にクリニックにて浣腸していただき(浣腸1回目①)、更に保護者の方が実際にお子様に浣腸をしていただきます(浣腸1回目②)。
残りの3回分の浣腸タイプの菌液は、ご自宅に送付させていただきますので、通院せずにご自宅で浣腸を行ってください(浣腸2~4回目)。

腸内フローラバランス検査の結果がでてから、主治医とご相談の上、患者様に合わせて調製したオーダーメイド菌液にて追加移植をお受けいただけます。(診察+自宅浣腸移植3回)追加移植は、1回ごとのお申込みとなります。

<12歳以下アトピー患者さん限定>浣腸タイプ ※税込価格
【1クール目】来院浣腸2個(先生と保護者+自宅浣腸3回
・浣腸タイプ移植用菌液:来院時2個(先生と保護者)・自宅用3回分
・診察料:初回移植来院時分
・浣腸タイプの移植指導料
・水素NanoGAS®ウォーター(2L×6本)
330,000円
【2クール目以降】自宅浣腸4回
・オーダーメイド菌液4回分(浣腸タイプ)
297,000円

自宅用浣腸タイプ腸内フローラ移植の説明・ご自宅での注意点は下記画像をクリックして、ご確認ください。

通常の移植コース

医師と対面での腸内フローラ移植をご希望の場合は、通常の移植コースとなります。(移植医療機関のみで移植可能)

腸内フローラ移植 6回コース(移植6回) ※税込価格
基本セット
・移植処置費用<6回分>
・医療機関診察料<6回分>
・移植菌液費用<6回分>
・移植菌液調整費用<6回分>
・診療補助水(2L×6本)
1,562,000円
追加移植(7回目以降)
※1回ずつ追加していただけます。
110,000円
腸内フローラ移植 3回コース(移植3回) ※税込価格
基本セット
・移植処置費用<3回分>
・医療機関診察料<3回分>
・移植菌液費用<3回分>
・移植菌液調整費用<3回分>
・診療補助水(2L×6本)
957,000円
追加移植 1回分(4・5・6回目)
※1回ずつ追加していただけます。
247,500円
追加移植(7回目以降)
※1回ずつ追加していただけます。
110,000円
移植前の初診・診察料(移植相談)
※各医療機関所定の料金がかかります。
(当日医療機関にてお支払いください)

移植処置費用は、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会の事務局『腸内フローラ移植臨床研究株式会社』からご請求させていただきます。

※専門医による診察料(移植相談、栄養指導など)が別途かかります。
※腸内フローラ移植(糞便微生物移植)は全国の大学病院などの施設で臨床治験中の方法であり、当研究会での移植も臨床応用項目の位置付けです。

通常の移植の流れと費用に関しては、こちらのページをご覧ください。

対応できる提携医療機関

[ 関東 ]
医療法人ふたまた会 ナチュラルアートクリニック(東京都) 院長 御川安仁 先生
 〒102-0085東京都千代田区六番町6-5 アンドロイドビル2F
 TEL : 03-6256-8448
医療法人社団ウィズヘルス 二子玉川メディカルクリニック(東京都) 院長 伊井和成 先生
 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-15-1 曽根ビル5F アクセス
 TEL : 03-3707-7720

[ 関西 ]
医療法人仁善会 田中クリニック(大阪府) 院長 田中 善 先生
 〒544-0024 大阪府大阪市生野区生野西2-3-8
 TEL : 06-6711-3770
ルークス芦屋クリニック (兵庫県) 院長 城谷昌彦 先生
 〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町8-2 むービル 2F
 TEL : 0797-23-6033
医療法人悠亜会 かわい内科クリニック(大阪府) 理事長・院長 川井勇一 先生
 〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜3-7-15
 TEL : 06-6962-3133
医療法人 はるなクリニック(大阪府) 副院長 春名令子 先生
 〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国1丁目3番13コアウイング青山202号室
 TEL : 06-4807-5130
里皮フ科クリニック 西宮北口院(兵庫県) 院長 里 博文 先生
 〒663-8024 兵庫県西宮市薬師町2-56 クリニックステーション西宮北口2-B
 TEL : 0798-69-3112【皮膚科・浣腸タイプのみ】
SINGA宝塚クリニック(兵庫県) 院長 林 博文 先生
 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口2-6-3
 TEL : 0797-26-8188【浣腸タイプのみ】

[ 中部 ]
ライフクリニック蓼科 (長野県) 院長 麻植ホルム正之 先生
 〒391-0213 長野県茅野市豊平3317-1
 TEL : 0266-77-2050

[ 東海 ]
医療法人桂名会 木村病院(愛知県) 院長 木村 衛 先生
 〒465-0087 名古屋市名東区名東本通2-22-1
 TEL : 052-781-1119
医療法人愛星会 星ヶ丘皮膚科(愛知県) 院長 有沢祥子 先生
 〒464-0026 愛知県名古屋市千種区井上町113
 TEL : 052-781-6261【皮膚科・浣腸タイプのみ】

[ 中国 ]
医療法人医新会 よろずクリニック(鳥取県) 院長 萬 憲彰 先生
 〒689-0202 鳥取県鳥取市美萩野1-118-4
 TEL : 0857-59-0433

[ 九州 ]
医療法人喜和会 喜多村クリニック(福岡県) 院長 喜多村邦弘 先生
 〒816-0935 福岡県大野城市錦町4-3-8
 TEL : 092-581-6640
グレースメディカルクリニック(熊本県) 院長 伊藤信久 先生
 〒862-0916 熊本県熊本市東区佐土原1-16-36
 TEL : 096-360-9013

ご注意点

この研究に関する情報の提供と資料の閲覧について

本臨床応用に参加されている期間中、研究参加の継続の意思に影響を与えるような情報を新たに入手した場合は、直ちにお知らせいたします。また、この研究に関して重要な情報が得られた場合は、研究参加の継続に関してもう一度意思を確認します。
研究の計画や方法についてさらに詳細な資料をみたいと思われた場合には、担当医師等にご相談ください。
他の対象者様の個人情報が保護され、この研究の独創性が保たれる範囲内で開示させていただきます。

研究の記録などの第三者による閲覧に関して

患者さんの人権が守られながら、きちんとこの研究が行われているかを確認するために、研究の関係者、国の機関などの関係者があなたの医療記録等を見ることがあります。しかし、これらの関係者には守秘義務が課せられていますので、患者さんの名前などのプライバシーにかかわる情報は守られます。

個人情報の取扱いについて

この研究で得られたあなたデータは、医学雑誌などに公表されることがありますが、お名前などの個人的情報は一切わからないようにするため、プライバシーは守られます。
ご提供いただきました研究データや診療記録から収集させていただいた情報については、これらから個人を特定できる情報(氏名、生年月日、住所等)を全て除き、代わりに本研究用の登録番号を付けることでその便サンプルや情報が誰のものであるか分からない状態にします。
ただし、必要な場合に個人を識別できるように、個人と登録番号を結び付けることができる対応表を作成し、残しておきます。(これを「連結可能匿名化」といいます。)
このように、個人情報の保護については、十分な注意が払われます。

試料・情報の保存と廃棄の方法

この研究で得られた資料やデータは、少なくともこの研究結果の最終公表から10年間保存します。
データ等を保存および廃棄する場合に、個人情報の保護に十分配慮します。

移植期間中のお願い

研究期間中に内服薬が変更になった場合は、申し出てください。
抗生剤を内服された場合や整腸剤が新たに加わったまたは削除された場合は、主治医にお伝えください。