menu

腸内フローラ移植という選択肢があります

腸内フローラ移植臨床研究会
FAX: 06-6777-2204 Mail: info@fmt-japan.org

一般的な方法との違い

当研究会の移植方法の特徴

当研究会の移植は、腸内フローラに詳しい臨床医による移植前後のサポート、質の高い移植菌液の精製や、移植後の生着速度、高い生着率が特徴です。
また、ほとんどの連携医療機関にて、患者様に負担の少ない腸カテーテル挿入による注腸方式を採用しています。(患者様の状態によっては、大腸内視鏡による移植がより適切であると主治医が判断する場合もあります)


▼城谷先生インタビュー

▼萬先生インタビュー