35年以上独自研究した腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会
TEL: 06-6379-3328

研究会について

腸内フローラ移植臨床研究会について


「一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会」は、臨床医が中心となり、「腸内フローラ移植(糞便微生物移植)」という新しい治療の確立に取り組み、腸内フローラ移植の研究開発及び臨床研究を通して、人々の健康に寄与する活動を行います。

活動内容

腸内フローラ移植の臨床研究及び研究開発
腸内フローラに関する刊行物の発行
腸内フローラ移植学術会議の開催
ボランティア ドナーバンクの設立
難病患者支援事業
資格制度
その他、本法人の目的を達成するために必要な事業全般

組織図2

研究開発(シンバイオシス研究所)
臨床研究(提携医療機関)

健康に歳を重ねることを目指すうえで、「腸内フローラを整える」という考え方が注目されています。

腸に住む細菌たち(腸内フローラ)のバランスが私たちの心身の健康に大きく関わっていることが研究で明らかになりつつあり、日々の暮らしの中でも腸内環境の重要性を耳にする機会が増えました。

腸内フローラ移植とは、崩れてしまった腸内細菌のバランスを整えるために、健康な人の腸内フローラを移植する方法です。

「一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会」は、臨床医が中心となり、「腸内フローラ移植(糞便微生物移植)」という新しい治療の確立に取り組んでいます。

腸内フローラ移植は国内の大学病院を含む複数の施設で臨床治験中の方法であり、当研究会での移植も臨床研究項目の位置付けです。

そのため、移植に際しては研究へのご理解ご協力をお願いしております。

当研究会で使用する移植菌液は、ドナーバンクから厳選した複数人の腸内細菌をブレンドし、独自の溶解方法を採用することで菌の生着率や生着時間を飛躍的に向上させています。

今後、様々な疾病疾患における腸内フローラ移植の可能性を検証してまいります。


・研究会について
ご挨拶
組織図・役員構成