腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。
一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会
TEL: 06-6379-3328

ご挨拶

代表理事

田中 善(たなか よしむ)

1952年 大阪市生まれ
1980年 鳥取大学 医学部卒
現職:医療法人仁善会 田中クリニック 理事長
医学博士



増加を続ける、がんその他の生活習慣病や難病に対して、治療の可能性を広げるための有力な選択肢が「腸内フローラ移植」です。
今までの実績を踏まえ、さらに臨床例を積み上げて、有効な対処法を提供できるようにしていきたいと思います。
この治療法の可能性は大きく広がっています。みなさんの期待に応えられるように研究を進めていきますので、ご支援をよろしくお願いいたします。
田中クリニックのホームページはこちら

専務理事

城谷 昌彦(しろたに まさひこ)

1970年 兵庫県生まれ
1995年 東京医科歯科大学 医学部卒
現職:ルークス芦屋クリニック 院長



消化器病専門医として研究会設立以来「腸内フローラ移植」に携わってきましたが、移植治療をするたびに腸内細菌たちの持つ力に驚かされると同時に、腸内フローラ移植はこれからも進化する可能性を秘めた治療法であると実感しています。
これまでドナーのスクリーニング検査において厳格な基準を用いることで移植の際の高い安全性を担保してきましたが、今後はさらに安全性を高めつつ、より効果的な腸内フローラ移植を目指して研究を重ねてまいります。
この研究会を通して少しでも皆様のお役に立つことができたら幸いです。
ルークス芦屋クリニックのホームページはこちら

理事

喜多村 邦弘(きたむら くにひろ)

1963年 福岡県生まれ
1991年 川崎医科大学卒
現職:医療法人喜和会 喜多村クリニック 院長
医学博士



腸内フローラの乱れが様々な病気に深く関与していることが明らかとなり、炎症性腸疾患をはじめ、がん・難病や生活習慣病などへの新しい治療法として、腸内フローラ移植が世界各地で行われています。
いま、腸内フローラ移植は積極的に取り組むべき有望な治療の一つとなっています。
この研究会を通して皆様と共に学びを深め、なにより病気で困っておられる方々のために、腸内フローラ移植の可能性を明らかにしていきましょう。
喜多村クリニックのホームページはこちら

理事

萬 憲彰 (よろず けんしょう)

1975年 鳥取県生まれ
2003年 産業医科大学 医学部卒
現職:医新会よろずクリニック 理事長



当院では内科・消化器科の標榜の元、人間ドックや一般健診と標準治療に加え難病へ対する保険外診療も行なっております。
従来の腸内フローラ移植は実際の菌の定着率は高くありませんでしたが、当研究会で取り扱う腸内フローラ移植は、特殊な菌液を用いることで従来法を上回る生着率(生きたまま着床する)を実現しています。この画期的方法をさらに臨床に活用し、エビデンスの蓄積に貢献していきたいと思います。
よろずクリニックのホームページはこちら

理事

麻植ホルム正之 (おえ ホルム まさゆき)

1977年 スウェーデン生まれの大阪育ち
2002年 産業医科大学 医学部卒
現職:ライフクリニック蓼科 院長


「人を地域を医療からハッピーに」をテーマに癌や認知症などへの予防医学の追求と健康づくりのサポートを行うべくクリニックを開業しています。
「腸」と聞いて消化・吸収、ウンチが出てくるので排泄だけと考えがちですがその他にも代謝や合成、免疫など「第2の脳」と言われるほど役割は多岐にわたります。予防医学的アプローチで治療を行うとき腸のマネージメントがとても重要になりますが難渋します。
除去食やプロバイオティクスなど多くのマネージメント方法はありますが、 FMT(糞便移植)は腸内フローラの根本にアプローチする画期的な治療法だと思っています。多くの先生方のお力を借りながら腸内フローラ移植臨床研究会が難病に苦しむ方の光明になるよう微力ながら啓蒙活動と治療に努める所存です。
ライフクリニック蓼科のホームページはこちら

管理医師
評議員

井上正康(いのうえ まさやす)

1945年 広島県生まれ
1974年 岡山大学大学院 卒
現職:大阪市立大学 名誉教授・FMTクリニック 院長
医学博士


人体は37兆個の体細胞と数百兆個の共生細菌が構築するスーパー生命体であり、”腹の虫”と呼ばれてきた後者との共生関係が心身の健康にも深く関与しています。
この共生関係の解明は今世紀最大の研究テーマであり、激増しつつある21世紀病の予防治療の鍵を握っています。
腸内フローラ移植研究が様々な難病患者の福音となる事を願っています。
井上正康先生のホームページはこちら

監事

塚本 悟郎(つかもと ごろう)

1938年 愛知県生まれ
1962年 岐阜薬科大学卒
現職:元鐘紡(株)取締役・創薬研究所長
工学博士


難病の治療や生活習慣病の予防等に期待される“健康人の糞便中の腸内細菌群”を健全な状態のまま効率良く他者に移植して安定に生着させることは易しいことではありません。
ところが、臨床検査技師・清水真氏の長年の研究から産み出されたウルトラファインバブル水方式(iBDS: Intestinal Bacteria Delivery Systemと称す)で調整される“菌液”を移植することによって、この難題は解決されようとしています。
新薬の研究・開発をライフワークにして来た私には、これぞ自然の摂理に適った素晴らしい療法になると思え、大いに期待しております。

当研究会の役員は、全員が「プロボノ」として無報酬で活動しています。
各分野の専門家たちが、その知識やスキルを無償で提供する社会貢献活動(または活動する本人たち)のことを「プロボノ」と呼びます。
専門的な知識・経験を結集し、新しい医療の確立を目指す非営利組織として活動を行っています。


研究会について
・ご挨拶
組織図・役員構成