news
イベント お知らせ ブログ

イベント

2024年07月10日

【イベント】みいちゃんのお菓子工房の杉之原さん登壇セミナーに出展します

2024年8月18日(日)に開催される福学地域連携セミナー「夢を形に家族の起業入門」に協賛させていただき、当日もブースを出展させていただきます。 9月開催の学術大会のランチタイムトークセッションにて登壇いただきます「みい […]

2024年04月03日

【イベント】日本先制臨床医学会第7回学術大会に城谷先生が登壇します

2024年6月22日(土)、23日(日)に開催される一般社団法人日本先制臨床医学会 第7回学術大会に当研究会 専務理事 ルークス芦屋クリニック院長 城谷昌彦先生が特別講演をされます。また、座長には当研究会 代表理事 医療 […]

2024年03月04日学術大会

【申込開始】第8回学術大会

本年も第8回学術大会を開催いたします。(会場及びオンライン開催)医療従事者に限らず、一般の方や学生さん等、どなたでもご参加頂けます。 一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会第8回学術大会新しい治療の鍵〜腸内フローラ移植が […]

2023年09月27日会員医師登壇イベント学術大会

第7回学術大会【開催報告】

2023年9月17(日)に「第7回学術大会」が開催されました。会場とオンラインの同時開催で行い、医療関係者や一般企業の方、研究機関の方、患者様、そして一般の方など沢山の方々にご参加いただきました。皆様のお陰で無事に開催で […]

2022年10月05日会員医師登壇イベント学術大会

<終了>【イベント】第7回学術大会

第7回学術大会を下記の通り開催いたします。本年も、【会場開催】と【オンライン開催】の同時開催といたします。 ※当日参加お申し込みは締め切りました ※アーカイブ申し込みは終了しました 日時 2023年9月17日(日)11時 […]

2022年10月05日会員医師登壇イベント学術大会

第6回学術大会【開催報告】

2022年9月18(日)に開催された「第6回学術大会」は、会場とオンラインの同時開催で行い、医療関係者や一般企業の方、研究機関の方、患者様、そして一般の方など沢山の方々にご参加いただきました。 コロナ禍にもかかわらず、皆 […]

お知らせ

2024年05月24日

プレスリリースを配信しました|第8回学術大会

@Press社よりプレスリリースを配信いたしました。 今年9月に開催する「第8回学術大会」の内容について、リリースしています。 第8回学術大会では、昨年5月から実施してきた新規腸内細菌叢移植(新規FMT)法による自閉スペ […]

2024年05月07日

新しい移植医療機関のご案内|まきこ胃と大腸の消化器内視鏡クリニック

このたび、腸内細菌(叢)の移植が受けられる医療機関として「まきこ胃と大腸の消化器内視鏡クリニック」が新たに加わることとなりました。 腸内細菌(叢)の移植を検討されている方は、直接医療機関にご連絡いただきますようお願いいた […]

2024年04月03日

【イベント】日本先制臨床医学会第7回学術大会に城谷先生が登壇します

2024年6月22日(土)、23日(日)に開催される一般社団法人日本先制臨床医学会 第7回学術大会に当研究会 専務理事 ルークス芦屋クリニック院長 城谷昌彦先生が特別講演をされます。また、座長には当研究会 代表理事 医療 […]

2024年03月04日学術大会

【申込開始】第8回学術大会

本年も第8回学術大会を開催いたします。(会場及びオンライン開催)医療従事者に限らず、一般の方や学生さん等、どなたでもご参加頂けます。 一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会第8回学術大会新しい治療の鍵〜腸内フローラ移植が […]

2024年02月04日

第7回学術大会インタビュー<塚本悟郎氏>

『専門家が集まる腸内フローラ移植臨床研究会〜もっと受けやすい治療を目指し、研究・開発に挑む〜』薬剤師・工学博士 塚本悟郎:元鐘紡(株)取締役・創薬研究所長、元米国ピッツバーグ大学客員教授、元長岡技術科学大学教授  新薬の […]

2023年12月20日

新年明けましておめでとうございます

皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 また、昨年中は当研究会の活動にご賛同賜り、誠にありがとうございました。 本年も更なるサービスの向上に努めて参りますので、 より一層のご支援、お引立て […]

ブログ

2024年04月09日

がんとFMT(糞便微生物移植)の研究まとめ

今回の記事では、様々ながんにFMTが役立つ可能性があるか、世界中の研究者が試している様子を届けたい。まだまだ症例数は少ないけれど、患者さんも、研究者も、お医者さんも、みんな一生懸命だ。 がん治療におけるFMTの可能性 F […]

2024年04月02日

【2024年最新】 腸内細菌と「がん」の関係を論文に基づいてまとめてみました。

腸内細菌とがんは、いずれもヒトの免疫システムに相互に関わっているという点などから、関連性が指摘されている。(1)(2) 腸内細菌叢のバランスの乱れががんの発生や進行につながるのではないかというところを出発点として、特定の […]

2021年10月26日腸内細菌の論文・ニュース

FMTのゴールは? 移植回数と事前抗生剤投与が菌の生着に与える影響

移植回数と事前抗生剤投与が菌の生着に与える影響 原文Microorganisms | Free Full-Text | Engraftment of Bacteria after Fecal Microbiota Tra […]

2021年08月03日

腸内細菌が粘膜の内側まで入るタイミング

腸内細菌は外粘液層にしかいないという常識 腸の中は、菌や食べ物、水分などの通り道としてホース状の空洞になっています。ホースの内側がいきなり大腸の細胞になっているわけではなく、粘液と粘膜層が外と内を隔てています。 粘液層の […]

2021年05月31日腸内細菌の論文・ニュース

パーキンソン病や耐性菌にFMTが有効[2021.5.31]腸内細菌最新トピック

FMTがパーキンソン病の症状を緩和 (原文)Evaluation of fecal microbiota transplantation in Parkinson’s disease patients wit […]

2021年05月10日

アトピー性皮膚炎に対する便移植(以下、FMT)の治験が始まりました inイスラエル

イスラエルで、アトピー性皮膚炎に対する便移植(以下、FMT)の治験が始まったという報告を紹介します。詳しい治験や患者の情報は以下の通りです。〇 二重盲検試験による。 原文:Efficacy of Fecal Microb […]

2021年01月21日腸内細菌の論文・ニュース

米国で大規模な便移植の有効性・安全性調査が開始

米国で、腸内フローラ移植(便移植、FMT)の有効性と安全性に関する報告が発表されました。 クロストリジオイデス・ディフィシル感染症(CDI)という、疾患があります。 日本ではまだあんまり馴染みのない名前なんですが、欧米で […]

2021年01月20日発達障害(自閉スペクトラム症など)

自閉スペクトラム症における腸内フローラ移植が及ぼす消化管症状と腸内細菌叢の変化

脳腸相関は使い古された言葉なのかもしれません。腸内細菌と自閉症スペクトラム(ASD)が関連しているかもしれないと聞くと、驚く方も多いのではないでしょうか。 実は、この「かもしれない」は世界中の研究者の手によってほとんど確 […]

2019年10月24日

便バンクJapanbiomeについて臨床検査技師が語る[第3回総会発表内容]

2019年9月23日、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会の第3回総会「腸内細菌から人類への手紙」が開催されました。 今回は、当研究所 総括研究員 岡洋一郎の発表内容のうち、「Japanbiome(便バンク)」について […]

2019年10月18日

1型糖尿病マウスにおけるFMTの治療効果の比較検証[第3回総会発表内容]

2019年9月23日、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会の第3回総会「腸内細菌から人類への手紙」が開催されました。 今回は、当研究所 総括研究員 岡洋一郎の発表内容のうち、「1型糖尿病マウスにおけるFMTの治療効果の […]