お知らせ・活動報告

11月9日(土)当研究会による公開勉強会を行いました

2019年11月9日(土)、当研究会の役員・会員による公開勉強会が行われました。 今月は初参加の先生も多く、更に先日療賛助会員に新規加入してくださった精神科の先生もお二人ご参加くださいました。

そこで今回のテーマは、「精神疾患と腸内細菌」。
最近では、脳腸相関という言葉を耳にすることも多くなり、鬱や自閉症のご家族からのお問い合わせも増えています。

第一部では、ルークス芦屋クリニック 院長の城谷昌彦先生に「腸内フローラ 移植時におけるメンタルケアについて」お話いただきました。臨床心理士の城谷仁美先生もご参加くださり 、 移植を受ける方が 心理テストやカウンセリングを通して、どのように変わられたかをお話ししてくださいました。

ルークス芦屋クリニックでは 臨床心理士によるカウンセリングを取り入れられています。

そして先日医療賛助会員としてご入会いただいた こいでクリニック 院長 小出誠司先生 より、精神疾患の治療の現状をお聞きすることもできました。

こいでクリニック 院長 小出誠司先生

第二部は、公開勉強会として、オブザーバーにもご参加いただきました。
代表理事であり田中クリニック 院長の田中 善 先生より、腸内フローラ移植でフローラバランスは改善したものの、症状の改善を実感できなかった患者さんに、 メンタルケアを併用することにより改善の見られた症例についてご報告いただきました。患者様に寄り添い、病気の原因など心を開いてお話ができるようになり、改善された症例です。

来月の勉強会は、12月14日(土)です。 腸内細菌の働きは、奥が深く可能性を秘めています。 今後も皆様からのご支援をいただきながら、日々研究を進めてまいりたいと思います。

月に一度のこの勉強会では、症例報告や腸内フローラの基礎研究が報告されます。腸内フローラ移植を新たな医療として安心して多くの方に受けていただくために臨床医の先生方が中心となり勉強を重ね、そして、より多くの方に知っていただくための場となっております。

その他のお知らせ・活動報告に関する記事

2023年09月22日 会員医師登壇イベント学術大会

【開催御礼】第7回学術大会

過日9月17(日)に、第7回学術大会が開催されました。会場とオンラインの同時開催で行い、医療関係者や一般企業の方、研究機関の方、患者様、そして一般の方など沢山の方々にご参加いただきました。皆様のお陰で無事に開催できました […]

2023年04月20日

抗菌薬を使わない、水素ナノバブル水(NanoGAS®水)を用いる新規FMT法の臨床研究が開始されました

自閉スペクトラム症に対する新規糞便微生物移植法の有効性と安全性に関する臨床研究 当研究会に所属する医師等による臨床研究が開始されました。 jRCT(臨床研究等提出・公開システム)において公開されています。https:// […]

2023年03月20日

特許を取得しました(シンバイオシス株式会社)

この度、シンバイオシス株式会社より出願しておりました「生体導入補助溶剤及びその利用方法」の特許を取得いたしました。 特許情報 【特許番号】 特許第7231799号 【発明の名称】 「生体導入補助溶剤及びその利用方法」 【 […]