腸内フローラ移植・症例紹介

統合失調症・躁鬱 30代男性 ー糞便微生物叢移植症例紹介

症例紹介 30代男性 統合失調症 躁鬱

要約

移植中は、軽度から中等度の改善。 (移植同日の帰りには早速、周囲の方がわかるくらい) しかし、コンビニや喫煙等のため、移植の効果が持続できなかった可能性はあり。 今後、状況を見ながら、追加説明を継続。 移植中は本人の自覚症状も良好。

基本情報

患者様: 30代男性
主治医: グレースメディカルクリニック
移植担当医療機関: グレースメディカルクリニック

初診時情報

病名:
統合失調症 躁鬱
発症時: 15歳くらい
移植目的: イライラ、癇癪 疲れやすい
主訴: 考えがまとまらないような症状あり、思春危機症といわれた。 徐々にひきこもり傾向になり ずっと薬を飲んでいた。 妄想はこの10年くらいひどくなってきている。うつが、躁鬱になり、今は統合失調症の症状のみ。本を読んだら、腸内細菌の影響と聞いて、プロバイオティクスを使用したが、変わらず。 ラクトビフィ、nowのプロバイオ、αリポ、VitC、VitB等も飲ませてるが、あまりすっきりとせず。現在はチックの症状が多く、理解力も低下、徐々に症状進行。 自分は言葉も体も操作されてるといっている。
服薬中の薬: ロラゼパム、シクレスト、リスペリドン
既往歴:
経緯、家族歴、生活習慣、サプリメントの利用状況など: タバコ

移植情報

移植期間: 2019年6月5日〜2019年11月25日
移植回数: 6回
移植初回〜移植終了までの変化:
【1回目移植時】 (本人より) 本人も少し良くなってるのを自覚。 お腹の調子も悪くない。 夜も寝れてる。食欲も普通にある。 煙草も増えてない。 (家族より)日が経つほど落ち着いてきた。来院時も安定している。 家族の留守が増えたが、あまり問題になることもない。 精神的には、今が一番落ち着いているとのこと。
【2回目移植時問診】
(家族より)今回はあまり変わらなかったような・・・ 悪くなったわけではないが、よくなったという感じが少なかった。
(本人より)幻聴はすこしはいいが、まだ残存。 その悩みが取れずに気分は少し不安定。 いろいろとまわりから言われている(幻聴) 便の性状も変わらず。便秘、下痢なし。食欲も安定してる。

【3回目移植時問診】 (本人より) 幻聴はまだある。よく寝れる。イライラはあまりしない。 半分くらいよくなった感じ。移植してみてよかった。 お通じがしっかり出る日が続く。 (家族より)幻聴がまだある様子。意識的にははっきりして気がする。 タバコが4箱くらいに増えた。チック様症状は少しくらい。 以前よりもずいぶん減った。 【4回目移植時問診】 POMS2の問診に対してきちんと自分で考えて返答。 質問の間、座って返答していたが、立ってあがって落ち着きがない時があった。15分の間に3回程度起立。チックもほんの何秒かだがみられた。 排便は2日に1回しかでないがバナナ状。以前は毎日でていた。 【5回目移植時問診】
移植終了後の変化:
便通、倦怠感、冷え性、むくみは改善傾向あり。
気分的にも変化 (良くなっている)

評価・考察

移植評価: 症状の明らかな改善
移植前後フローラバランス検査の変化: [移植前]2019年6月実施
多様性に乏しい
・C. cluster Blautiaが多すぎる。一時的に宿主を保護するために増える菌だが、これまでも継続していたのであれば、慢性炎症を起こしていた可能性あり
・C. cluster14ab、Ⅳ、Blautiaの比率から推測するに、交感神経優位で、思い込みの激しさやイライラ、不眠などの症状がうかがえる
・Bacteroidesも存在するが、有機酸を出して脳への信号を適切に送るためには、食物繊維の摂取、肉と魚からバランスよく動物性蛋白質を摂取しなければならない

[移植中]なし
[移植後]2019年11月 移植前に比べて腸内フローラの多様性、バランスは改善傾向にあるようです。ただ、Otherの割合が増えてきています。少し経過観察が必要に思います。生活習慣、食習慣には気を付けていただきたいと思います。
血液検査の変化: データなし
POMS2スコア変化: なし
<腸内フローラバランス 移植前データ>
本人の体感(アンケートより):
返信なし
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
腸内細菌の多様性に乏しい。 各菌より考察すると。交感神経優位で、思い込みの激しさやイライラ、不眠などの症状がうかがえる。有機酸を出して脳への信号を適切に送るためには、食物繊維の摂取、肉と魚からバランスよく動物性蛋白質を摂取しなければならない。 移植中は、軽度から中等度の改善と思われました。移植同日の帰りには早速、周囲の方がわかるくらいの改善でした。
<腸内フローラバランス 移植後データ>
本人の体感(アンケートより):
返信なし
有害事象の有無:
なし
移植総評・考察:
移植で一時的な改善は認めた。 少し、長続きはしなかったようで、今後も変化を観察。 家族もやってみてよかったと言われていました。

関連動画

脳と腸の深い関係(脳腸相関) 腸活・腸内環境改善に欠かせない知識をアニメーションでわかりやすく解説! 以上
症例紹介のトップに戻る

Articles about other 腸内フローラ移植・症例紹介

2024年02月01日 アトピー・アレルギー便秘症潰瘍性大腸炎自律神経失調症過敏性腸症候群

糞便微生物叢移植実績〈2024年2月1日時点〉

当研究会における症例別の糞便微生物叢移植実績件数は下記の通りです。

2024年01月01日 ルークス芦屋クリニック医療法人桂名会 木村病院過敏性腸症候群

過敏性腸症候群 50代女性 -糞便微生物叢移植症例紹介

症例紹介 50代女性 過敏性腸症候群 要約 基礎疾患として筋ジストロフィーあり。30代から過敏性腸症候群の症状出現、またSIBOの診断もされている。小麦は下痢が悪化するので避けている。左記症状で移植開始。1回目移植終了後 […]

2023年12月15日 医療法人LAGOMライフクリニック蓼科潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎、60代女性 -糞便微生物叢移植症例紹介

症例紹介 60代女性 潰瘍性大腸炎 要約 下痢、血便、腹痛を認めており、皮膚にざらつきあり。移植1回目より有害事象なく、前記症状の軽快消失を認めた。 基本情報 患者様: 60代女性 主治医: 医療法人LAGOM ライフク […]