お知らせ・活動報告

『ナノバブルを用いたFMT』の特許で中小企業庁長官賞受賞

この度、昨年の『ナノバブル発生装置』での受賞に引き続き、『ナノバブルを用いたFMT』の特許で中小企業庁長官賞をいただきました。      

 

 

この発明は、腸内微生物叢移植(以下、FMT)において、ナノバブルを含む腸内細菌含有組成物を用いることにより、従来のFMTと比較して定着を大きく向上させるとともに、患者にとって負担の少ない治療を実現するものです。

詳細はこちらからご覧いただけます。

中小企業庁長官賞:腸内微生物叢用ナノバブル溶液および医薬(特許第7104435号)

 

地方発明表彰とは

技術者・研究開発者を表彰します

大正10年に開始した地方発明表彰は、実施されている優れた発明、考案又は意匠を生み出した技術者・研究開発者を顕彰するものです。昨年は、全国で1,364名の方が表彰されました。この表彰を通じてご自身の発明等を社会にアピールするチャンスです。 (応募対象となる発明等は、特許、実用新案又は意匠登録され実施されていることが必要です。)  

地域産業を牽引する発明等を募集します

全国を8地方(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)に分けて実施しています。それぞれの地方から生まれた、優れた発明等を募集しています。  

さらなる飛躍のチャンスです

地方発明表彰は、全国規模で実施する全国発明表彰に繋がっています。 さらに優れた発明の完成者には文部科学大臣表彰、国の栄典(叙勲・褒章)という道も開かれています。地方発明表彰を契機としてこれらを受章された方も多く、発明協会は推薦機関として優秀な科学技術功労者を積極的に推薦しています。  

歴史ある表彰事業です

明治37年に設立された発明協会の事業の柱でもある表彰事業。その中でも、地方発明表彰は大正10年より開始した事業であり、本表彰の歩みは、日本の科学技術進展の足跡といえます。

詳細はこちらからご覧いただけます。

地方発明表彰|公益社団法人発明協会

Articles about other お知らせ・活動報告

2024年04月03日

【イベント】日本先制臨床医学会第7回学術大会に城谷先生が登壇します

2024年6月22日(土)、23日(日)に開催される一般社団法人日本先制臨床医学会 第7回学術大会に当研究会 専務理事 ルークス芦屋クリニック院長 城谷昌彦先生が特別講演をされます。また、座長には当研究会 代表理事 医療 […]

2024年03月04日 学術大会

【申込開始】第8回学術大会

本年も第8回学術大会を開催いたします。(会場及びオンライン開催)医療従事者に限らず、一般の方や学生さん等、どなたでもご参加頂けます。 ◼︎日時 2024年9月22日(日)開始11時00分 (受付10時30分)~17時閉会 […]

2024年02月04日

第7回学術大会インタビュー<塚本悟郎氏>

『専門家が集まる腸内フローラ移植臨床研究会〜もっと受けやすい治療を目指し、研究・開発に挑む〜』薬剤師・工学博士 塚本悟郎:元鐘紡(株)取締役・創薬研究所長、元米国ピッツバーグ大学客員教授、元長岡技術科学大学教授  新薬の […]