お知らせ・活動報告

研究会サイトがオープンしました☆

12月8日、「一般社団法人腸内フローラ移植臨床研究会」サイトがオープンいたしました。 長らく準備中でご迷惑をおかけいたしましたが、本日無事にオープン。 腸内細菌たちの生態系(腸内フローラ)は、人体にとっていい影響も悪い影響も与えうるものであることがわかってきています。科学者たちのあいだでは、「腸内フローラは臓器である」と言われることもあります。 「他人の便を体内に移植する」と聞くと不安を覚えるかもしれません。ですが、臓器を移植することで健康を取り戻してきた人類の医学の進歩の過程を見ると、腸内フローラを移植することはごく自然なことなのかもしれません。 しかも、腸内フローラ移植は副作用がほとんどなく、ドナーにとっても患者にとっても負担の軽い方法で行うことが可能です。 腸内フローラが人間の病気や健康に深く関わっているとしたら、医療は間違いなく新しいステージに進化していくにちがいない、と感じます。 当サイトをご覧いただくことで移植に対するご理解を深めていただき、そして安心して移植を受けていただけるような体制づくりを目指していきたいと考えております。この研究会が、病気で悩まれている方の選択肢のひとつになればと願っております。

Articles about other お知らせ・活動報告

2024年05月24日

プレスリリースを配信しました|第8回学術大会

@Press社よりプレスリリースを配信いたしました。 今年9月に開催する「第8回学術大会」の内容について、リリースしています。 第8回学術大会では、昨年5月から実施してきた新規腸内細菌叢移植(新規FMT)法による自閉スペ […]

2024年05月07日

新しい移植医療機関のご案内|まきこ胃と大腸の消化器内視鏡クリニック

このたび、腸内細菌(叢)の移植が受けられる医療機関として「まきこ胃と大腸の消化器内視鏡クリニック」が新たに加わることとなりました。 腸内細菌(叢)の移植を検討されている方は、直接医療機関にご連絡いただきますようお願いいた […]

2024年04月03日

【イベント】日本先制臨床医学会第7回学術大会に城谷先生が登壇します

2024年6月22日(土)、23日(日)に開催される一般社団法人日本先制臨床医学会 第7回学術大会に当研究会 専務理事 ルークス芦屋クリニック院長 城谷昌彦先生が特別講演をされます。また、座長には当研究会 代表理事 医療 […]