腸内フローラ移植(便移植)を受けられる、国内唯一の学術的研究会です。臨床医と臨床検査技師が届ける世界最高水準の安全と効果を目指して。

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会
クラウドファンディング ご協力のお願い

この度、自閉スペクトラム症(ASD)と診断されたお子様に、できるだけ早く安心して誰もが受けられる治療となるように研究活動を進めるため、クラウドファンディングに挑戦することとしました。

たくさんの方に移植を受けていただきたい、もっとこの治療法が広まってほしい、さらに研究を深めたいという想いから5月14日にスタートしました!

皆様のあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

自閉症スペクトラムへの当研究会の取り組み

自閉症は神経発達障害の一つで、現在は自閉症スペクトラム Autism Spectrum Disorders(ASD) と呼ばれます。主な症状として、社会的行動や対人コミュニケーションに支障をきたすことや、繰り返し行動や特定のものごとに強いこだわりを示すことがあげられます。

自閉症の有病率は1〜2%とされてきましたが、日本のみならず世界的に患者数が増加しており、社会的な問題として注目され研究が進んでいます 。

当研究会では「自閉症スペクトラム」と診断された患者さんが移植を受けられる際に、保護者の方に各種検査のご協力をお願いすることとなりました。

移植をご検討の方向けの情報はこちら
医療機関の方向けの情報はこちら
腸内フローラ移植のためのドナーバンクJapanbiomeを運営しています。
イベント
腸内フローラ移植・症例紹介
腸内フローラ・臨床医を知る